記事一覧

旭川医大 教授ら全医師に手当、支給枠を拡大 診療報酬増収分

旭川医大(北海道旭川市)は20日、今年度の診療報酬改定による増収分を原資に、同大病院で診療に従事する教授らに特別手当を支給すると発表した。私大や民間病院との給与格差を緩和し、人材確保を図るのが狙い。昨年10月には研修医や若手医師への特別手当を新設しており、全医師が収入増となる。国立大学病院で初めての試みという。

 同大によると、215人が対象。教授=月額最大6万円▽准教授=同5万円▽講師=同4万5000円▽助教=4万円--を今月分から6、12月の年2回に分けて支給。直接診療にかかわらない基礎医学や看護学などの教授にも同3万円を支給する。年間の増収見込み数億円のうち約1億円を充てる。

 新卒医師の臨床研修が04年度に義務化されて以降、大都市に医師が集中し、地方の医師不足が深刻化。今年度の診療報酬は勤務医の待遇改善を目的に10年ぶりに引き上げられたが、勤務医に直接配分されず、病院が人件費より赤字補填(ほてん)を優先させる場合が多い。

 同大の吉田晃敏学長は「地域医療を支える現場の医師が少しでも報われるようにした。こうした動きが全国に広がってほしい」と話している。
2011年1月21日 提供:毎日新聞社

「早わかり歯周病予防ウエブ講座」のご活用を

歯周病の基礎知識について、HP健康推進課でご覧になれます
 
 詳細は健康推進課 ℡25-6315
 

歯周病健診モニター募集

対象:今年度、満30・40・50・60・70歳の期間があった方、
または 同年齢になる方
    ※アンケートに回答してくれた先着100人に粗品を贈呈
申込 健康推進課 ℡25-6315

こども歯みがき教室

内容 講話、個別歯磨き指導
 日時 12月20日(月) 午後1時から、午後2時30分から
 場所 健康相談室(第二庁舎3階)
 対象 3歳以下の乳幼児と保護者
 定員 10組
 申込 健康推進課 ℡25-6315

「フッ素うがいによるムシ歯予防」をご存知ですか?

私たち旭川歯科医師会は、小学校でのフッ素うがい(フッ化物洗口と言います)の実現により、「子供たちが皆平等に白い歯の笑顔」を持つ事を願っています。昨年の道条例、旭川市議会決議と現在「フッ素うがいによるムシ歯予防」に注目が集まっています。
 北海道は全国でもワースト3に入る「ムシ歯地帯」ですが、今回の流れで市内の小学校でフッ素うがいが始まり、将来は汚名返上できることを期待しています。
                メディアあさひかわ 2010.12 №12

正月太りが気になる方必見~年末年始攻略術

内容 年末年始の食事と運動についての学習会・軽運動
 日所 ●12月3日(金)=おぴった(宮前通東)午後2時~
    ●12月6日(月)=愛宕公民館(豊岡7の9)午後2時~
 定員 各30人
 申込 保健指導課 ℡26-2397

冬将軍到来

 旭川にも雪が降りました。例年より4日早いということです。長い冬の始まりです。因みに医院の車は、昨日冬タイヤに替えました。みなさんもご自愛ください。

フッ化物洗口理解促進研修会

内容 フッ化物洗口の方法、効果や安全性についての解説と体験
 日時 10月20日(水)・27(水) 午後7時~8時30分
 場所 問診指導室(第二庁舎3階)
 講師 旭川歯科医師会理事 矢口敦久さん ほか
 申込 上川中部地域歯科保健推進協議会事務局(健康推進課内 ℡25-6315)

過去ログ