記事一覧

子どもの歯並び心身に影響

①精神:口元に自身がないと性格にも影響する
②歯 :むし歯や歯周病にかかりやすくなる
③発音:明瞭な発音ができず、聞き取りにくくなる
④全身:原因不明のイライラや体調不良が起こる
⑤あご:子どもに増えている顎関節症
⑥消化器官:胃腸への負担が大きくなる
               西日本新聞 

かぶせた歯もむし歯になります!

冠(クラウン)がかぶっている下、つまり、土台となっているのは自分の歯だということを忘れていませんか? この土台となっている歯には、神経が生きている歯と、神経を取って根の中を治療している歯の2種類があります。
金属は虫歯になることはありませんが、自分の歯はむし歯になるのです。ですから、かぶせている歯も むし歯予防と歯周病予防のためにしっかりブラッシングしましょう。
ブラッシング時に注意するポイント
1.歯(冠)と歯肉の間
2.歯周病が進行している場合、歯根が露出しているので、根の部分も。

お母さんと子どものお口の健康クイズ

・むし歯でも元どおりになることがあるの?
 正解:ごく初期のむし歯は再石灰化して健全な状態になることがあり
ます。でも、歯に穴が開いているのが確認できるようなむし歯
は、自然には治りません。早めの治療が必要になります。

顔面の外傷防止について

体を接触させる機会の多い激しいスポーツは、歯が折れたり、口の中が傷ついたり、あごや顔面に損傷を受ける危険性があり、スポーツ事故を防止するために、マウスピース (マウスガード・プロテクター) を上あごの歯列に装着することが推奨されています。アメリカンフットポール、ボクシング、空手(一部の流派)では義務化されていますが、ラグビー、サッカー、バスケット、スノーボードなども装着したほうがよさそうです。
マウスピースは、市販のものと、カスタムメイドのものがあり、材料は弾力性のある、エチレンビニールアセテート・ポリ塩化ビニールなどが使われています。もちろん、カスタムメイドの方が、装着時の違和感は少ないです。これは、歯科医院で製作してもらうことができますので、スポーツをされている方は一度ご相談してみてはいかがでしょうか?

お母さんと子どものお口の健康クイズ むし歯でも元どおりになることがあるの?

正解:ごく初期のむし歯は再石灰化して健全な状態になることがあります。でも、歯に穴が開いているのが確認できるようなむし歯は、自然には治りません。早めの治療が必要になります。
最近では、ガムに再石灰化を促進させる成分がはいっているものも見られます。一時期過大広告と批判がありましたが、使ってみてはいかがでしょうか?

風邪をひくと味がわからなくなるのはなぜ?

風邪をひくことにより嗅覚障害や味覚障害など食べ物の風味に直接関係した障害があげられます。また、風邪による食欲低下、発熱による脱水などを原因とする唾液分泌低下、鼻がつまるため口呼吸による口の乾燥、舌の炎症なども考えられます。なかでも鼻閉による嗅覚障害は、食べ物の風味を低下させる原因になります。また、風邪による体力消耗や治療のための薬剤服用が、味覚に重要な働きをする亜鉛体内から失わせる原因となります。

よく噛んだほうが食べ物はおいしくなる?

よく噛むことは、食材に特有の味を味わったり、さまざまな栄養成分をうまくとり入れることと深く関係しています。奥歯でよく噛み、唾液としっかり混ぜ合わせてはじめて、奥歯近くに存在する多くの味蕾を刺激して味をよく感じられます。スルメは、噛めば噛むほどうまみ成分が長く味わうことができます。
最近のお笑い芸人でご飯を2時間かんでいるとその先においしさがでると言っていました。トライしてみては・・・・

入れ歯だと、食べ物が美味しく味わえない?

食べ物が美味しいと感じるのは単に味覚だけではなく、食べ物の香り、温かさ、形、硬さその他のさまざまな感覚が混ざり合った結果として認識されるからですが、その感覚が阻害されるためです。
 また、入れ歯によって舌の動きが悪くなり、唾液の出が悪くなったり、食べ物がうまく口の中で動けなくなったりして味蕾が味の刺激を受けにくくなることもあります。入れ歯を上手に使いこなすことによって十分回復しますのでがんばりましょう!

過去ログ