記事一覧

冬将軍到来

 旭川にも雪が降りました。例年より4日早いということです。長い冬の始まりです。因みに医院の車は、昨日冬タイヤに替えました。みなさんもご自愛ください。

フッ化物洗口理解促進研修会

内容 フッ化物洗口の方法、効果や安全性についての解説と体験
 日時 10月20日(水)・27(水) 午後7時~8時30分
 場所 問診指導室(第二庁舎3階)
 講師 旭川歯科医師会理事 矢口敦久さん ほか
 申込 上川中部地域歯科保健推進協議会事務局(健康推進課内 ℡25-6315)

「フッ化物洗口」を正しく理解しましょう! 子どもの歯と口腔の健康を守るために

平成21年6月に施行された「北海道歯・口腔の健康づくり8020推進条例」に、効果的な歯科保健対策として、小・中学校におけるフッ化物洗口の推進が盛り込まれました。北海道教育委員会では本道の児童生徒の、むし歯予防のため、学校におけるフッ化物洗口を積極的に推進しています。
                   北海道経済 10月号

こども歯みがき教室

内容 講話、個別歯磨き指導
 日時 9月28日(火) 午後2時から
 場所 健康相談室(第二庁舎3階)
 対象 3歳以下の乳幼児と保護者
 定員 6組
 申込 健康推進課 ℡25-6315

歯つらつ健口セミナー・相談

内容 講話「お口の渇き(ドライマウス)のアドバイス」、歯や口についての個別健康相談
 日時 9月27日(月) 午前10時から
 場所 問診指導室(第二庁舎3階)
 申込 健康推進課 ℡25-6315

フッ化物でうがいを

小学校などのフッ化物によるうがい(フッ化物洗口)について、上川管内の学校関係者らに効用をPRする実施基礎研修会が6日、旭川市の上川合同庁舎で開かれた。上川総合振興局保健環境部と上川教育局が主催、管内の学校関係者や市長村職員ら約150人が出席した。
 フッ化物洗口は、昨年道議会で推進条例案が決議された。道教委は今年3月から推進指定校を募集しているが、上川管内ではまだ応募がない。
                 北海道新聞 2010.9.7

旭川医大病院、最先端ハイブリッド手術室 国立大で初の導入

 ◇血管撮影装置で3D画像

 旭川医大病院は今月から、最新型ロボット式X線血管撮影装置を備えた最先端のハイブリッド手術室の運用を始めた。国立大学病院では初めての導入で、手術中に撮影した三次元(3D)画像を見ながら、血管内を経由した治療と外科手術を連携させて進められるのが特長。10月から稼働予定の救命救急センターでも活躍が期待され、吉田晃敏学長は「立体的で高精細な画像の利用が可能となり、より高度な医療を地域へ提供できる」と話す。【横田信行】

 ◇緊急時、検査と手術並行に 多様な角度から全身撮影

 同大学は約3億円かけ、ドイツ・シーメンス社製の撮影装置を導入し、手術室を改修した。従来は事前に撮影したCT画像を利用していたが、この撮影装置では、さまざまな角度からほぼ全身を撮影でき、患部の立体的画像を映し出せることから、視野が広がり、末しょう血管まで鮮明に分かるようになった。

 緊急時には検査と手術を並行してできることから、治療の精度も向上。大動脈瘤(りゅう)に対する、ステントといわれるバネ状の金属を取り付けた新型の人工血管を血管から挿入する治療法や、脳腫瘍(しゅよう)などを中心にさまざまな分野の手術への利用が期待されている。

 平田哲・手術部長は「患者の負担が軽減できるうえ、詳細な画像を見ながら手術が行えるので医師も安心できる」と話す。
2010年9月4日 提供:毎日新聞社

こども歯みがき教室

内容 講話、個別歯磨き指導
 日時 8月30日(月) 午後1時から、午後2時30分から
 場所 健康相談室(第二庁舎3階)
 対象 3歳以下の乳幼児と保護者
 定員 各回10組
 申込 健康推進課 ℡25-6315

過去ログ