記事一覧

スタッフ送別会

ファイル 482-1.jpgファイル 482-2.jpg

6月11日スタッフの送別会がありました。元気なスタッフで笑顔の絶えないがんばり屋さんでした。医院総動員(外注技工士さんを含む)で大いに盛り上がりました。長い間ご苦労さまでした。

旭川歯科医師会主催市民公開講座が開催されました。

ファイル 481-1.jpgファイル 481-2.jpg

平成28年5月29日トーヨーホテルにて「認知症とお口のトラブル」と題して
東京都健康長寿医療センター研究所 枝広あや子先生が講演されました。
会場は、市民の皆さんを中心に介護職員・医療従事者も参加されておりました。認知症は、高齢者にとって避けて通れない病気です。その中でもお口との関わりの中でも食事をとることやお口をきれいにする口腔ケアとは密接な関係にあります。私たちは、認知症を理解してどのようにうまく付き合うかを学ばせて頂きました。枝広先生ありがとうございました。
追)送迎を任され枝広先生と厚労省との連携した経口加算・地域医療の中での私たちのすべきことなど様々なことを聞かせて頂きました。旭川空港で帰られる前に旭山動物園でのもぐもぐタイムと猿の行動に大変興味をもっていました。楽しかったです。

衛生士会研修会が開催されました。

ファイル 480-1.jpgファイル 480-2.jpgファイル 480-3.jpgファイル 480-4.jpg

平成28年5月14日道北口腔保健センター大会議室にて「症例から読み取る障害者診療~グル^プカンファレンス^」と題してバズセッションが開催されました。道北口腔保健センター運営委員長藤田先生と衛生士会会長の熊谷さんの挨拶に始まりました。司会は、久保障がい者歯科診療チーフと吉岡主任歯科衛生士でした。
このセッションは、初めて来院した患者さんについてどのように対応し待合室から診療室の中に入ってもらうか意見を出し合い各グループにわかれ意見をまとめ発表しました。
 どのグループも保護者・付き添いの人との話し合い、あいさつからはじまる患者さんとの信頼関係に大切だという意見となり、徐々に診療室に慣れるための工夫を話し合いました。
道北口腔保健センターは、このように北海道歯科衛生士会旭川支部として患者さんのための研修会を開催しております。

在宅ケアを育む会からのお知らせ

ファイル 479-1.jpg

6月15日Cocodeにて講演会が開催されます。内容参照ください。

北大歯学部テニス部の集いがありました。

ファイル 478-1.jpg

懐かしのOBです。昔話に盛り上がりました。現役から30年が経ちます。

旭川地域歯科医療連携室を6月1日より開設します。

ファイル 477-1.pdf

旭川歯科医師会では、在宅・施設にて受診できない患者さんと協力してもらえる歯科医師の連携する部署が6月1日より開設します。詳細については、添付ファイルをご覧ください。メディアあさひかわ5月号に掲載されました。

動物園に行ってきました

ファイル 476-1.jpg

最高の天気でゴールデンウィークを迎えました。朝テニスして、
ジムに行って口腔センターで仕事をしたあと旭山動物園に家内
行ってきました。カバの水中遊泳見ました。迫力ありです。

朝テニスが始まりました。

ファイル 475-1.jpg

朝5時からのテニスが始まりました。さらに朝起きになります。

子供が大学合格しました。

第3子が札幌の公立大学を合格しました。第1子が現在5年生です。まだまだこれからがんばらねば~。

USB復活せず!

リハビリにだしたUSBメモリー完全に死亡しました。データの復活に時間かかります。店員さんにバックアップ2つとったら、メモリーは信じたらダメと言われました。

過去ログ