記事一覧

むし歯は遺伝が最大の要因?

不正解:遺伝する因子(例えば歯並び、歯の形など)もありますが、生活習慣の影響が大きく、食事の内容や糖分の摂取量、歯みがきの方法などが主な要因。幼児期には、親が教える歯みがき習慣が子どものむし歯に大きな影響を与えます。歯科医院でブラッシング指導を受けましょう。

大人のむし歯は減っている?

不正解:こどもの歯(乳歯)のむし歯は年々減少傾向にありますが、大人の歯(永久歯)のむし歯は残念ながら減っていません。歯周病などで歯ぐきが下がった部分のむし歯や、一度治った歯に再びむし歯の比率が高くなっている。

子どもは歯ぐきの病気にならない?

不正解:最近は、歯肉炎になる子どもが増えています。特定の歯周病菌が原因になる若年性歯周病もあります。小さい時から糖分を控えた噛みごたえのある食事をとり、正しい歯みがきで歯の汚れをちゃんと取り除いてむし歯予防しましょう。

おやつはむし歯に関係ない?

不正解:糖分を含むものを食べた後(特に砂糖を多く含む歯につきやすいキャラメル、ジュースなど)は、お口が酸性に傾き、歯を溶けやすい状態になるためおやつの食べる量、時間、種類などに気をつけ、食後は歯みがきを!

子どもの虫歯は親がうつした!?②

「でも、どうやってお母さんから子どもにうつったのかしら」と思うでしょう。
 出産前後のお母さんは、つわりがあったり、胎児に胃が圧迫される状態で、三度の食事を規則的にとることができません。十分なカロリーを摂取するためには、間食が多くなります。また出産後も、母乳を出すために、頻繁に間食をとるような食生活が続きます。そうすると、唾液中のミユータンスレンサ球菌は間食を利用して異常増殖するのです。お母さんがこんな状態で、赤ちゃんの離乳が始まります。

赤ちゃんが離乳食を食べ始めた時期に、自分の唇にスプーンをあてて食べものの温度を調べたりしませんでしたか。食べやすい大きさにするために自分のロの中で噛みきってから赤ちゃんにあげたりしませんでしたか。赤ちゃんの手が食べもので汚れたとき、舐めてきれいにしてあげたことはありませんか。思い当たることが必ずあるはずです。何気なくしていたことから、赤ちゃんに虫歯菌をうつしていたというわけです。お母さんだけではありません。お父さんやおばあちゃん、家族のほかに保育者などの大人のロから感染して、子どもの歯に虫歯菌が棲みつくようになるのです。

子どもの虫歯は親がうつした!?①

「お菓子ばっかり食べているからでしょ」、「歯をきちんと磨かないからですよ」と怒られてシュンとしながら、歯の痛みに悩まされた経験のある人は少なくないはずです。ところが、虫歯の原因はそんなところにはありません。「虫歯は感染症です」といったら、皆さんは一瞬耳を疑うことでしょう。


 感染症といえば、まっ先にSARSやインフルエンザ、エイズなどを思い浮かべますが、正確にはウイルスや細菌、寄生虫などの微生物が体内に侵入して、臓器や組織の中で増殖することを「感染」といい、その結果生じる病気を感染症といいます。
 SARSやエイズなどのように人から人へ伝染する病気のことを伝染性感染症、膀胱炎や破傷風などのように伝染しないものを非伝染性感染症といいます。虫歯は、SARSやエイズと同じく伝染する感染症なのです。
みなさんの中には甘いものの取り過ぎで虫歯になるとか歯垢が溜まって歯のエナメル質が溶けて虫歯になると考えている人が多いのではないでしょうか。「感染症だということは、うつらなければ虫歯にならないってこと?」と思われるでしょう。その通り、答えは「イエス」です。その証拠に、赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいません。赤ちゃんには歯がないから当たり前だと思うかもしれませんが、虫歯の原因となるミュータンスレンサ球菌が本当にまったくいないのです。
 では一体、赤ちゃんに虫歯菌を誰がどこでうつすのでしょうか。一九九四年にスウェーデンで、お母さんの歯をきれいにすることによって、赤ちゃんの虫歯菌の感染を減らすという試みが行われ、その結果お母さんの歯をきれいにするだけで、赤ちゃんの歯を虫歯から守ることができました。このことから、お母さんが感染源であったと考えられるのです。

むし歯のなりやすさは人によって違う?

正解:むし歯になりやすく、進行しやすい人もいます。むし歯の原因になる細菌の繁殖や免疫抵抗力、歯並び、だ液の出やすさや成分、食生活や歯みがきをはじめとした生活習慣などにより差がでます。お口と歯のケアに気をつけましょう。

食事のあとに口をすすぐだけでもむし歯予防に効果があるの?

ことに中年以上の男性に多いのですが、食事の後、お茶で口をすすいでいる人をよく見かけます。爪楊枝を使うのと同様、あまり美しい光景とはいえず、若い女性などに評判がよくありません。しかし、確かに食後の口の奥に残った食べ物のかすなどは、かなり洗い流せます。お茶には殺菌作用もあり、歯を強くするフッ素も含まれていますから、それがいけないという医学的な根拠はありません。
ただし、口の中の食べかすを洗い流してきれいになった、というのは、あくまで、ごくおおざっぱな結果であって、医学的にはほとんどきれいにはなっていないのです。
むし歯などの病気の原因になるのはあくまで歯垢です。歯垢はお茶でうがいしたくらいで取れるものではなく、ていねいに歯ブラシを使って、はじめてきれいになるのです。その点を勘違いさえしなければ、食後に口をすすぐこと自体は決して悪いことではありません。
 口の中に残った食べ物から出るにおいなどは、それで消すことができます。砂糖の入ったものを食べたり飲んだりした後では、お茶にしろ水にしろ、口をすすぐことにはそれなりのむし歯予防効果も期待できます。ただし、口をすすいで、ああ、きれいになった、すっきりした、と安心し、歯みがきをサボってしまうのが恐ろしいのです。
最近では清潔志向、快適志向の風潮からか、いろいろな洗口剤が市販されるようになりました。口に含んで吐き出すだけでメントールなどの香りが清涼感を与え、口臭に悩む人や、口臭ノイローゼの人には強い味方になっています。これで口の中がすっかり清潔になる、などと思っては困るのですが、根本的な解決にはならないことを知った上でなら、使ってみるのもよいでしょう。
本当に口の中を消毒するつもりなら、市販のオキシドール液を3~10倍に薄めたもので口をすすぐと、消毒効果と殺菌効果があり、歯周病や口内炎の予防にもなります。いずれにしても歯科医に相談する必要があるでしょう。

過去ログ